なんとなく食べ物の写真を取るのが好きで、撮りだめしてあったのですが、時差ぼけで眠れない夜長に、こんなものを作ってみました。


Chan's Dining


見ただけでイッチャイそうになる「フード・ポルノ」(アンソニー・ボーデンからぱくった)を目指しています。旅のエピソードも、日々の出来事も、食べ物に絡めて書くのも面白い。今のところ、会社の同僚にちょっと好評。このブログとかぶることもあるかもですが、こっちのほうは適当な英語で書いてます(追記:やっぱり2ヶ国語にしました)。愉快的陳家と、ぜひあわせてよろしくお願いしまーす。