『資本論⑭』=新しい

まず、精神力の醸成のために


怒りをぶちまける事情を持ち合わせていないので、突然の話が自己対話式に知っていることを起こしていこうと思う。…私への質問状を書くことにまで、私自身の怒りは常々償却されてきた。薬による解決とは、ある形状の脳内の言葉の素が生まれれば、それを崩していくか、異常をきたしていくか、という場合を誘うことを言う。


…対話を拒否する様子さえ、沈黙を余儀なくされる場合にさえも、繁栄にある愚かな会話としてある「対話」にまで高められて、言葉の売れない女から、身を売ることに場面を移す事実が絶えず、増えていく。その結果、新興宗教の始祖が何度も否定しては反復する女性問題が当たり前に生じていくのも自然な場面としてある。


…対話を楽しめる人間は、通信の奢侈の時代としてある情報の時代にあって、繁栄を勝ち取るのは自然なことだと考えている。対話に絞った考え方で進める哲学的な話も、最後にはどの民を生かすかを巡って、取引が交わされる中で積みあがる市場の価値のうえにある。


…基礎の基礎から考えて生きるには今を無視して進める授業や講義の様相が強い。私は基礎の基礎から語ることができれば、今と今から少し先を見通せる人間として自己を開花させることができる。大きな話を根から考えるにはそれなりの準備が要るものだ。


 事が晴れ晴れしくなって消えていく辛みを著す意図は、対話を重ねるほど、精神的には消えていく。その意図が事実に基づくものでなく、精神が先立って自己を奮わせたこととして、無意味になる。だから、どのような理性の論拠も、対話に裏付けられなければ学問をすることにはつながらない。理性に基づいて『資本論』を読んで、なお正しいと見做すことができるから、日本の共産主義は『資本論』をもって理論武装とすることができる。


 何度も重ねられた議論をもってしても、互いに間違っていることは間違っていると妥結できるほうが、事実を隠して後で裁きに持っていくよりも理性的な方法となる。マルクスとエンゲルスは、共産主義に反対する全ての派閥の論拠を、理性が示せる高度な事実で呼ばれる科学をもって…より易しくに言えば、深い歴史の流れを言葉で証明し尽くせることに賭けた2人の科学者は、時代で語って何ら問題ない、科学的社会主義という政治経済学の立場で、社会主義・共産主義が、〔今でも言える〕資本主義の中にも芽生えていて、その体制に少しでも、人間らしさ、高度に理性的な判断が影響する力が増せば、資本主義体制も、かつてはユートピアとか楽園などと理想と叫ばれて消え去るように思えた様相の社会主義社会も、明るく展望できてきた社会変革が成就し、達成していけるという信条に位置することができた。


…まとめて言おうと言葉を寸断してみると、事実は理論を構えて複雑で理解の遠い真理の群れの様子になるために困難を極めるので、共有されている単語の連発で認識が極まったとして良しとされるのは評価の良いものではない。時事を説明することはもっと易しいが、思い込みを排するために夢を語るほうが愚かな事実は事前に気づかれることがない。


 私としては、与党勢力の大した変わりのない事情は、新興宗教の様子だから、却って説明しにくい事実ということに戸惑っている。何でも広く語ることができれば良いのにと思う。長い、フランス語の文法を感じさせるような説明になることは日本的思想の宿命となりやすい。全く関係のない話で、言葉の重要さにはずっと関係のある話だが、言葉に弱い人びとから風俗世界に叢を移すのが恐ろしい。


…準備は怖ろしく今を映すことになる精神的条件に過ぎないことがある。それは、今を語る思想の条件に等しいから、学校なんてつまらない、という話になりやすい、という事実を反映している。新しいことを説明できたら、学者になれるのではないかと思っても、日本にそのような制度は無い、という現実を何も否定できない。


…私は怖ろしい嫉みに囚われていたことが簡単に明かせてしまう。これが自己対話式の科学的活用の根拠となり、それはずっと続く。ずっと働いていける人びとの顔は綺麗だ。そんな嫉みをすぐに挙げられて、自身の思想をも傷つけられたとして沈黙を余儀なくされた間、私は自己対話をしないで、ずっと落ち込んで、さらにその意味の無い立場に嘲りの真似事をされていたので恥らしかった。


 その状態では今、無くなっている。何でもなかったその嫉みの価値付けは自己対話で済んだ。何でも価値で見做す人間には、その交換の価値を失う。書いて読む人がいれば経済的には価値になったのに、解決して書かない方を選んだら、苦労もしないが繁栄もしない。自己対話には精神的価値が高く、深い。


 自己対話は精神ビジネスの真価を貶める方法になる。私は孤独。嫉みが消えて時間を有効に使うことが出来る。だからと言って、『資本論』を捨てようとは思わない。漫画で資本論を読んだつもりになっているようならば、理性が嫉みを超えられないだろう、と拾い読みして思ったから。


…女性の方面が気になるなら、「女」辺の付く漢字を種に自己対話してみるだけで良いらしかった。事情が深まれば、それだけ否定性が高まる。それが精神の解決になる。…